男性更年期障害の予防・改善

男性ホルモンを低下させる原因に肥満があります。男性更年期障害の予防・改善には、肥満にならないような食習慣をつけることが大切です。
男性ホルモンの低下を防ぐ食習慣

食事のタイミング
食事の時間は規則正しく、一日三回を心がける。寝る直前の食事はNG。

食事の量
若い頃と同じエネルギーを摂取していては食べ過ぎに。カロリーをコントロールするのがポイント。

食事の内容
栄養バランスが偏らないよう、さまざまな食材をとることが大切。アルコールも適量を心がけよう。

食事のとりかた
早食いは肥満につながりやすい。ゆっくり味わえば、味つけのうすい食事でも満足できる。

男性更年期障害の予防改善におススメの食材
牛乳

憂鬱なとき、興奮気味のときはカルシウムが不足しないようにしたい。

アミノ酸スコアが100の食材

アミノ酸スコアとは必須アミノ酸が、必要量に対して何%含まれるかを示す指標。動物性タンパク源はバランスよくアミノ酸を含むものが多い。

細胞の老化を食い止める
緑茶
お茶の渋み成分であるカテキンには抗酸化作用がある。

アーモンド
アーモンドに含まれるビタミンEは抗酸化作用があり、脳内の血行を改善し、視床下部の働きも活発にする。