更年期障害の原因は?年齢はいつから起こる?

更年期障害の原因は?年齢はいつから起こる?

更年期障害の原因は、女性ホルモンの分泌バランスの乱れです。

早い人だと40代前半から卵巣の機能が衰弱し始め、ステロイドホルモン(卵胞ホルモン)の分泌が減少します。ステロイドホルモンが減少すると、ホルモンの分泌を司る脳の視床下部は卵巣に対してもっとステロイドホルモンを分泌するように指示を出します。

しかし、指示を出してもステロイドホルモンが分泌されないために視床下部が混乱をきたしてしまいます。このように自律神経の控えることも行っている視床下部が混乱することで、体に様々な不調が現れるのです。

だが、更年期障害とは誰でも起こるわけではなく、症状が軽い人もいれば重い人もいて、ほとんど症状が出ないという女性もいます。また、後述しますが、20代や30代の若い人たちに起こる早発卵巣不全という状態に陥ると、更年期障害と同様の症状が起こることがあります。

更年期障害の症状チェックリスト!

更年期障害の症状として顕著なのは、自律神経にかかわるものです。たとえば、それほど気温が高くないのに体が熱く、のぼせたような状態になったり、汗がたくさん出たり、逆に異常なほどに寒さを感じたりします。

のぼせたような症状は「ホットフラッシュ」といって、更年期障害の典型的な症状です。また、精神的な落ち着きをもたらす作用のあるステロイドホルモンが減少するため、イライラしたり悲しくなったりといったネガティブな感情を抱きやすくなることもあります。

その他、頭痛やめまい、不眠などの症状もありますが、どんなものが現れて、どれくらいひどいかは個人差があります。