更年期障害が発症する場合、どんな表現がありますか?

更年期とは
更年期とは、女性のライフサイクルの一つの時期です。一般的に更年期は女性ホルモンの分泌の変化に密接な関係があります。だいたい性成熟期から生殖不能期への移行期(45~55歳)という約10年間のことをさします。更年期の具体的な時期には個人差がありますが、閉経を迎える前後に卵巣機能の衰えに伴って始まることが多いです。

更年期障害の表現
更年期障害は、更年期に生じる自律神経失調症状と精神症状が相互に関係しあって起こるいろいろな不快な症状をさします。更年期障害の表現に個人差があります。不調をほとんど感じないで過ごす人もいれば、日常生活に支障が出るような重い症状に悩む人もいます。具体的に言えば、更年期障害の表現は体の症状表現と心の症状表現という二種類があります。

体の症状表現というと、卵巣のはたらきが低下し、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が急激に減少することによってだるい、たちくらみ、疲れやすい、耳鳴り、動悸、ほてり、多汗、手足の冷え、頭痛、めまい、体のかゆみなどの症状が現れてくることができます。また、イライラ、不眠、不安感などの心の症状表現もあります。最近、ストレスや無理なダイエット、睡眠と運動不足などの不規則な生活習慣によって女性ホルモンの分泌が乱れ、卵巣機能が低下してしまう人が増しています。これによって更年期障害に似た症状が生じて、若年性更年期障害と呼ばれています。