女性更年期のカギを握るエストロゲン

本文で女性更年期を語る上では欠かすことのできない、ホルモンバランスの崩れが、更年期症状の原因はなんですか、そしてエストロゲンについて説明しましょう。

エストロゲンは、卵巣で作られ、子宮の発育や子宮内膜の増殖などにかかわりがある女性ホルモンです。

年齢によってそのレベルは変動し、思春期にはエストロゲンのレベルが上昇し、女性としての機能が発育・発達して月経が始まります。性成熟期には規則的な周期で月経があり、エストロゲンの変動は安定したパターンで繰り返されますが、更年期に入るとエストロゲンのレベルは次第に減少、月経が停止する閉経の前後には急激に低下していきます。

 

では女性更年期症状とエストロゲンにはどんな関係があるのでしょうか?

卵巣が十分にはたらいている状態では、卵巣から脳へエストロゲンの信号が送られ、その信号を受けた脳は、卵の発育を促す卵胞刺激ホルモン(FSH)や排卵を促す黄体刺激ホルモン(LH)の信号を卵巣へ送るという、卵巣と脳の間でホルモンのキャッチボールがおこなわれています。

しかし卵巣の機能が低下してくると、エストロゲンの量が減少するため、その信号を受け取った脳はより大量のFSHやLHをだそうとするようになり、ホルモンのキャッチボールはうまくいかなくなります。

このホルモンバランスの崩れが、更年期症状の原因と考えられているのです。