更年期障害の治療方法

ホルモン剤と癌
女性ホルモン薬の効果|更年期障害の治療方法

「女性ホルモン」って、よく耳にはするけど、じゃあ一体どんな働きをしてくれるものだったかしら?と考えたこと、ありませんか?実は、女性ホルモンとは、女性の生殖機能を担う諸器官から分泌されるホルモンを言い、別名、「雌性ホルモン」とも言われています。女性特有の精子の受け入れ(受精)・着床・妊娠の維持や分娩・授乳などを支配しています。そのほか排卵や生理、乳房の膨らみなどの二次性徴の発達や、維持にも重要な役割を果たしているので、不足や欠乏すると様々な機能障害を引き起こしてしまいます。

女性用のホルモン剤とは?
ホルモン剤とは、簡単に言えば「女性ホルモンが配合された薬」です。女性ホルモンには主に、排卵前に分泌量が増えて卵胞と子宮内膜の成長を促す「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と、排卵後に分泌量が増えて子宮内膜の厚みを維持する「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの種類があり、これらを人工的に生成して配合されています。更年期障害に対し、卵胞ホルモン薬の補助薬とすることもありますまた、妊娠をしやすくするお薬です。

女性ホルモン剤の効果と副作用
女性ホルモン剤は主に「めまい・のぼせ・動悸・不眠やうつ」など更年期障害の症状の治療として処方されます。加齢によって起こるホルモン不足が補われるため、それらの諸症状が改善され、その人本来の体調・生活が戻ってきます。そのほか膣の潤いが無くなることによる性交痛や、女性ホルモン剤の投与によって脳への血流が良くなり脳細胞が活性化するので、アルツハイマー型認知症の軽減などにも改善効果がみられるようです。

更年期障害における女性ホルモン剤投与の効果
更年期障害のさまざまな症状は、主にエストロゲンの急激な減少から起こります。そのため、エストロゲンを補充することにより急激な減少をくいとめ、女性ホルモンの変化に体を慣れさせるのが「ホルモン補充療法」の役割です。ホルモン剤を投与して特に効き目を実感できるのが、のぼせ・ほてりなどのホットフラッシュや、自律神経失調症状だといわれています。ホルモン剤投与の方法には、飲み薬、貼り薬、塗り薬があり、自分に適したものを選ぶことができます。
・塗り薬
ディビゲル(エストロゲン単剤)、ル・エストロジェル(エストロゲン単剤)など
・貼り薬
エストラーナテープ(エストロゲン単剤)、メノエイドコンビパッチ(エストロゲン・プロゲステロン混合剤)など
・飲み薬
プレマリン(エストロゲン単剤)、ジュリナ(エストロゲン単剤)、エストリール(エストロゲン単剤)、ヒスロン(プロゲステロン単剤)、プロベラ(プロゲステロン単剤)、プロゲストン(プロゲステロン単剤)、ウェールナラ(エストロゲン・プロゲステロン混合)など

更年期障害における低用量ピル療法
ピルとは、卵巣から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを合成したものです。避妊や子宮内膜症の治療に用いられていますが、更年期障害の治療にも使用されます。女性ホルモンを直接補う治療法とは異なるものの、心身のバランスを整え、穏やかに効いていく漢方療法も根強い支持を集めています。更年期症状軽減のための、治療やサプリなどは、たくさんあります。そのため、どれが良いのか迷ってしまうし、体への負担なども心配になります。神経質になり過ぎず、しっかりと下調べをして、自分にあうケア方法に出会えると良いです。

あなたの健康におすすめ情報を紹介

バイアグラは最も歴史のあって、世界で初めて認可されたED治療薬。バイアグラの製造元はファイザー製薬会社です。1999年にED勃起不全の治療薬として日本で認可されました。日本だけではなく、全世界で認知度、利用者数には一番多いです。

シアリスは2003年にイーライリリー・アンド・カンパニーから発売され、2007年には日本でも認可がされた勃起不全のED治療薬としては一番新しいタイプの物になります。